看護師の仕事が自分に合っていないと感じて退職した!

看護師の仕事が自分に合っていないと感じて退職した!

看護師の仕事が自分に合っていないと感じて退職した!

看護師は本当にハードな仕事だと思います。一つの仕事だけではなく、いろんなことをこなさないといけません。少しでも気を抜くと周囲を巻き込んで大きな失敗をしてしまうこともありますし、人間関係が崩れると連携ができなくなり、うまく行きません。そういうことを考えながら、細心の注意を払って働いていたら、心身と共に疲れ切ってしまって、体調を崩すようになりました。

 

私は始めて病院で看護師の過酷さを思い知ったのです。その内体調に問題が出てきて、夜勤の途中に貧血で倒れたり、ストレス性の吐き気に襲われて夜中に救急車で運ばれたりしました。明らかに今までになかった体の異常に悩まされ始めました。この時点ですでに向いていないと感じたのです。

 

また私はの性格は繊細なタイプで、気持ちの切り替えがなかなかできません。それが仕事にも表れてしまい、一度先輩の看護師や医師に怒られると自信を失って落ち込みました。そしてしばらくその落ち込んだ気持ちから切り替えられないのです。これは仕事に影響がありました。そのせいで精神的にストレスが溜まりに溜まって、仕事の過労以上に影響が出てしまいました。こうして私は限界を感じて仕事をや辞めたのです。

 

無理に続けて行くことはできたかもしれません。しかし、周りの人もそして自分でも続かないと言うのは感じていました。先輩たちは割と大雑把な性格の人が多くて、「○○ちゃんには看護師は向いてないかもね」と言われて、さらに落ち込みました。そして自分が本当に看護師に向いていないと納得しました。このまま続けても、絶対に周囲の迷惑になります。そう考えると退職するしかありませんでした。