人員不足で過酷な労働環境で辞めたい

人員不足で過酷な労働環境で辞めたい

人員不足による職場環境の悪化

看護師の仕事は過酷だと言われていますが、精神的に大変だという事だけではなく、肉体的にも大変というのがあります。
看護師の労働環境を悪くしている原因としては、人員不足があげられるでしょう。

 

人員が足りていなければ、一人の看護師にかかってくる負担はとても大きなものになります。
休暇を取りたくても取ることが出来なかったり、必然的に労働時間も長くなってしまうようなこともあるのです。
そういった風に勤務時間が長くなればなるほど、辞めたいという気持ちは大きくなるものです。

 

人員が足りていないことによって、精神的な負担も大きくなるのは間違いありません。
責任の重大さもありますし、休みたくても休めないというプレッシャーも与えられるようになるのです。
体調が悪かったとしても、変わりがいなければ休むことが出来ません。
体調を壊さないようにするためにも、少しでも疲れた体を休めるようにしなくてはなりませんが、それも勤務時間が長ければできない事になってしまうでしょう。
そういった事が続くようになれば辞めたいという思いはより強くなっていく事になるのです。
看護師が辞めたいと思う理由は、労働環境の悪さです。
頼りになる人員が少しでも増えることによってその辛さは軽減されていくようになりますが、そういった労働環境が悪い部分が目立ってしまえば、看護師の仕事自体が敬遠されるようになってしまうので、人員不足問題を早く解決させるようにしなくてはなりません。

 

人員不足の職場を辞める事は気が引けますが、体調を崩してまで残る職場なのか考えましょう!

 

看護師を辞めたい方の相談、転職は