休み休養が少なく辞めたい

休み休養が少なく辞めたい

休み、休養が思うように取れなく看護師を辞めたくなった時に

人ために役に立ちたいという高尚な思いをもって看護師になられた方も多いことでしょう。
しかし、実際の医療現場でそういう思いを保ち続けるのはとても難しくなってきています。
看護師を志してみたものの、いろんな理由で離職される方がおられます。

 

例えば、職場での人間関係がうまくいかなかったり、仕事の待遇が契約したときと変わってしまい、希望していた休みがなかなかとれないなどの理由で看護師を辞めたいという場合があります。

 

また、自分がイメージしていた看護職と現実とのギャップのために、辞めたいと思われる方もおられるかもしれません。
実際に医療現場では常に看護師不足という言葉を耳にします。

 

仕事そのものに達成感をもっていても、人員不足という理由できちんとした休みをとることができず、その結果、心身ともに疲労を感じ、やむなく医療現場を離れる方もおられることでしょう。

 

さらに、看護師の仕事はチームでおこなっているので、休みを取るタイミングも容易ではありません。
では、どうすれば医療において離職率を低下させることができるでしょうか。
一つの方法は待遇です。

 

すべてのひとに満足した仕事環境を提供することは難しいかもしれませんが、改善を図ることは可能です。
例えば、できるだけ休暇をとりやすくし、もし希望休暇の日に休暇が取れない場合は、他の日に変更するだけでなく、休暇日の前後の勤務時間などを調整することによって、看護師側のストレスと不満を軽減することができるかもしれません。