夜勤手当、待遇の悪さで辞めたい

夜勤手当、待遇の悪さで辞めたい

夜勤手当の低さ、待遇の悪さで看護師を辞めたい

看護師の日勤として働く場合にでも、体力的にはしんどいと思ってしまうものではあります。
一日中歩き回らなくてはならなかったり、自分より体の大きい患者の介助をしなければならないとなると、体力的にしんどくなってしまうのは当然ともいえます。

 

そしてさらに看護師の体力を奪う事としては、夜勤があります。
夜勤をする場合には、生活リズムを整えるのも難しいですので、睡眠不足の中での仕事が待っているようになるのです。
月に一日程度の夜勤であれば、さほど体力には影響してこないようになりますが、週に何度も夜勤をしなくてはならないともなれば、かなりの体力を消耗されることになるのです。

 

それでも、夜勤をすることによって、夜勤手当がたくさんもらえるというのであれば、しんどくても頑張ろうという肝になる事が出来ます。
しかしそんな風に自分の体に鞭を打って夜勤をしたというのに、ほとんど夜勤手当がつかないとなると、看護師を辞めたい理由の一つとして、十分に理解を得ることが出来るものになります。

 

看護師を辞めたいのであれば、待遇の悪さを改善してもらうようにするといいでしょう。
待遇が良くなって、夜勤手当を十分にもらえるのであれば、過酷さに見合った給料をもらうことが出来るようになります。
給料が増えることによってどんどんやる気も出てくるようになり、より頑張ろうという気持ちになれるものですので、待遇の改善を求めて交渉をしてみるようにしなくてはなりません。