睡眠不足による職場の不満

睡眠不足による職場の不満

睡眠不足による不満で看護師を辞めたい

人間はきちんと睡眠をとるようにしなくてはなりません。
寝不足の状態の時には、単純なミスをしやすくなりますし、正しい判断が出来なくなってしまう事もあるからです。
そしてあまりの睡魔から、何をしていても頭に入らずに上の空の状態になってしまう事もあります。
そんな状態で看護師の仕事をするというのはとても危険です。
寝不足の状態で患者と触れあうとなると、なんらかの医療事故が起きてしまってもいけません。

 

特に夜勤の時などには必要な仮眠を取るようにして、体力の温存や回復をさせるようにしていく事が必要になります。
しかし急がしてその時間もとれないような待遇の職場の場合には、辞めたいと思ってしまう理由になります。
前日にある程度睡眠を取っていたとしても、夜勤の時にも眠るようにしなければ睡眠不足になってしまいます。
夜勤専従の看護師などであればリズムが夜勤用に整っているようになりますので、仮眠が取れなくてもさほど体力の消耗はないはずです。

 

しかし日勤もしている人からしてみると、少しの時間でも眠ることが出来ないというのは、体力の限界を感じてしまうことになります。
仮眠を取れないために看護師を辞めたいというのであれば、日勤のみの看護師の仕事をするようにするか、確実に眠ることが出来る職場を探すようにするといいでしょう。
睡眠時間をきちんと確保するようにしていく事が、ミスすることなく自信を持って看護師の仕事をしていくことが出来るようになるのです。