夜勤がきつく労働環境にも不満

夜勤がきつく労働環境にも不満

夜勤などシフトがきつく体調を崩す事も

看護師は肉体的にも精神的にもキツイと言われている職種であり、労働環境についていけなくなり辞めたいと思う看護師も少なくはありません。仕事を辞めたい理由として挙げられている夜勤があることで、大きな負担になっていると感じる人もいるようです。

 

看護師の勤務時間は交代制になっている職場が多く、一か月に最低でも8日間は夜勤に入ることとなっています。看護師の人員が不足している医療機関などでは、深夜に勤務が終えたあとにすぐさま日勤に入るという勤務体制をとっていて、休息の余裕も持てない労働環境になっているところもあります。

 

看護師が他にも転職を考える理由はありますが、やはり交代制での勤務時間の偏りで体調を崩してしまうことも挙げられます。勤務スタイルとしては日勤で朝の8時から残業も含めて19時まで働き、それから帰宅後2〜3時間仮眠をとり、深夜0時から翌朝9時まで勤務するといったことは普通に行われている働き方になります。

 

このようなスタイルで一週間のうち何日かでも24時間以上の十分な休息がとれずに勤務していれば、疲労が慢性的になってしまい、休日をとったにしても疲れが取れない状態となり、体調を崩す人も出てきます。

 

看護師は正規雇用であることが多く、職場や仕事内容によって条件を選択できる環境でもあるので、就職先としては充分なところがあり、転職をはじめても困らない職種であると言えます。そのため労働環境によっては辞めたいを感じて転職を考える人も多くなります。

 

看護師を辞めたい方の相談、転職は